人事制度をつくって得られる効果とは

ダントツ日本一の人事制度支援数
過去13年間で支援実績944
受付時間
お問い合わせ 資料請求

HOME > 人事制度をつくって得られる効果とは

正しい人事制度をつくると、少なくとも10の効果を得ることができます

今まで、人事制度と言えば、社員の賃金を決めるためだけに構築されていました。目的を間違えたとめに、失敗が増えてしまったのです。
経営者の頭の中を可視化して正しく人事制度をつくると、最低でも10の効果を得ることができます。

1.社員が成長する

全社員を、現在いる優秀な社員と同じように優秀な社員へ育てることができるようになります。

2.管理者が成長する

部下に何を指導すればいいのかがわかり、どんな社員でも成長させることのできる管理者に成長します。

3.教育費が削減できる

教育研修に参加させなくても社員が成長するので、最大で100%の教育研修費を削減することができます。

4.評価と賃金が一致する

社員の評価と賃金が一致し、経営者の悩みがなくなります。

5.社員の不平・不満がなくなる

仕組みの通りに決まるから、社員は安心し、不平・不満がなくなります。

6.問題解決の時間が減る

評価と賃金について経営者が納得でき、社員も不平・不満がなくなるので、問題解決の時間が大幅に減ります。

7.組織風土が良くなる

お互いに教え合う、成長を助け合う組織となり、職場の雰囲気がとても良くなります。

8.定着率が高まる

評価や賃金への不満がなくなり、組織風土が良くなることで、人間関係の問題も減り、定着率が高まります。

9.労働分配率が改善する

社員がお互いに成長し合うことで、楽に成果を上げられるようになり、労働分配率が改善します。

そして、

10.業績が向上します

不安や不平・不満がなくなることで、社員の成長意欲は急激に高まります。そして社員がお互いに助け合って成長することで、社員はどんどん成果を伸ばすようになります。そして無駄にかけてしまっていた教育費や、定着率が低いためにかかる募集採用費が削減できるようになります。

利益が増え、費用が削減できる。だから、業績が向上するのです。

正しい人事制度とは 正しい人事制度のつくり方とは すぐにつくりたい方はこちら「成長塾」


 

人事制度についてもっと知りたい方は

資料請求

PageTop






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。