誤解して退職している社員を100%食い止める方法

ダントツ日本一の人事制度支援数
過去15年間で支援実績1209
042-542-3631
お問い合わせ 資料請求

給料や評価の問題で辞める社員をなくしたい方へ

誤解して退職している社員を100%食い止める方法
誤解して退職している社員を100%食い止める方法 松本順市著 A5判71頁 1,000円(税込)
今すぐ書籍を購入する

今すぐ書籍を購入する

この三重苦の理由を「中小企業だから」と諦めていませんか?


この三重苦の理由を「中小企業だから」と諦めていませんか?
  • 優秀な社員が入社しない
  • なかなか社員が育たない
  • 優秀な社員が定着しない

この三重苦の理由を「中小企業だから」と諦めていませんか?

なぜ、社員は退職してしまうのか。退職する社員とともに、流失している膨大すぎる利益とは?退職する社員を100%食い止めるにはどうしたらいいのか?

わずか1時間で、その答えを得られる1冊です。

【第1章】誤解して会社を辞める社員たちが後を絶たない

基本的に人事制度を作りたいと考えている経営者は、社員を大切に成長させている経営者です。社員を大切に成長させて、そして結果として業績が良くなったら、それをさらに昇給・賞与として支給してあげたいと考えている経営者です。そんな、常に社員のことを考えている経営者のいる会社で退職者が生れること自体ある意味、全く理解できません。

そもそもなぜ社員が退職しているのか、その本当の理由をご存知でしょうか。「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように、本当の理由を話して辞める社員はほとんどいません。

求人情報誌を出している会社が行っている退職者対象の退職理由のアンケートでは、次の理由が上位を占めています。「評価に納得できない」「昇給・賞与に納得できない」。御社の社員もそうだったとすれば、残念ながらその社員は「誤解」して辞めたと言わざるを得ません。

今の日本でどれほど社員のためにこの昇給・賞与を増やしてあげようと考えている経営者がいるのでしょう。少なくなったこの経営者のいる会社を誤解からだと知らずに辞めている社員が後を絶ちません。どうしてこんなことが起きるのでしょうか?

【第2章】気づかずドブに捨てているあまりにも膨大すぎる利益

今までの日本であれば「人が辞めたらまた採用すればいい」と考えている経営者が多かった。つまりこの時に経営者は、「採用費がまたかかる」程度のことしか考えていません。一人の社員が辞めたら、それだけで平均325万円のお金をドブに捨てたことを知らないのです。

これから、ますます人手不足になるこの日本で、社員が定着しなければこの膨大な費用を更に増やしていくことになります。なぜなら、常にこれからの日本は人手不足の時代です。社員は辞めても、すぐ新しい会社を探すことができるからです。そんな経営環境の変化に気がついているでしょうか。そしてその損失額の大きさに気がついているでしょうか。

【第3章】誤解して退職する社員を100%食い止める簡単な方法

社員に「辞めないでください」と言っても、もう既に退職願を出された後では万事休すです。それでも引き留めに何時間も何日も投入した結果、やはり社員が辞めてしまったら、その経営者や経営幹部の大事な時間までも、無駄になってしまいます。

一番大切なことは退職願が出ないようにすることです。そのためには社員の退職する原因を全て解決すれば良いのです。それはこの会社の経営者は、とても良い経営者であることを社員に示すことです。口で説明しても伝わりません。

「この会社で皆さんが頑張って業績が良くなったら、たくさんの昇給・賞与を出したい」と言っても、社員は誰も信じていません。だから、経営者が考えていることを可視化する。それだけで良いのです。

【第4章】経営者の頭の中をチョットだけ可視化してみる

経営者の想いを可視化することです。その想いとは、「この会社に縁あって入った全ての社員を成長させたい」です。社員が成長して業績が良くなったら、その利益を社員に昇給・賞与として支給してあげたい、と考えていることを4つの制度、成長支援制度・ステップアップ制度・賃金制度・教育制度として可視化して仕組みをつくれば良いのです。

この仕組みを見た瞬間に、社員は理解します。「なんと良い会社に入ったのだろう」。社員が社外の友人に聞いてもここまで全てを可視化している会社はほとんどありません。あっても1,000社に1社、5,000社に1社、10,000社に1社ほどです。

良い会社であることを前もって知ってもらったら、入社の時に説明する会社になったら、もう社員が辞めない定着率100%の会社になるでしょう。

なぜ中小企業の70%は赤字経営なのか?

今年こそ最大のムダな経費削減に
取り組んでください

今年こそ最大のムダな経費削減に取り組んでください

今まで、なぜ経営努力が報われなかったのでしょうか?
報われていないとすれば、それはある重要な問題に気がついていないからです。気づいてはいるけれど、優先順位が間違っている可能性もあります。

多くの中小企業では、黒字経営を目指して「社員の能力がない」「マーケットが悪い」「競争力が小さい」「売り方が悪い」「商品力がない」そんなことを一番の問題にし、最優先課題として取り組んできました。でも、それは大きな問題でも優先すべき課題でもありません。

取り組むべき問題点をまずはご自身で確認してください。そのために必要な時間はわずか1時間程度です。1時間後、あなたは問題とともに、解決方法が簡単であったことにも同時に気がつくでしょう。10年も手つかずだったこの問題に気がついた魚屋はすぐに解決に着手し、30年間増収増益を続け、2005年、東証二部に上場しました(現在は一部)。しかし、同業界では未だに上場の理由に気がついていません。

あなたも、これからの10年間、
また同じことをやり続けますか?
それとも、簡単な施策に着手しますか?

松本順市 著 ポケットブック(A5判:71頁)

松本順市 著
ポケットブック(A5判:71頁)

問題解決に着手すれば、あなたの会社であなたが思い描いていた経営体質、組織風土が創れます。そして黒字経営を難なく実現することができます。

この驚愕の事実を1冊の書籍にまとめました。この『誤解して退職している社員を100%食い止める方法』は、評価と昇給・賞与の決め方を可視化して社員に示すことで、1人の社員が誤解退職するごとに発生している325万円の損失を食い止め、今までの赤字を一挙に解決する本です。

損益計算書にあらわれないけれど非常に深刻な利益損失を解決する方法が書いてあります。

もう、知らなかったでは済まされません。すべての会議・ミーティングを中断して、今スグ取り組まなければならないことがあります。

すべての中小企業は黒字化が可能であることを証明した1冊です。1冊わずか1,000円(税込)で入手できます。経営者だけでなく、幹部・管理者にも一緒に読んでいただくことをお薦めします。(現在、在庫57冊です。在庫が無くなり次第、価格が1,000円(税別)に変わります)

今すぐ書籍を購入する


実際の読者の声

一生懸命社員を成長させようと取り組んでいても、次から次へと社員が辞めていきます。上司の指導に問題があるのか。はたまた経営者に問題があるのか。辞めるときには、全く本音とは思えない理由を言って社員が去っていきました。
そんなとき、この1冊に出会い、内容を読んで理解できました。経営者の想いを可視化するとは、ずばり「目から鱗」でした。これからは辞めない会社を作ることができると思ってワクワクしています。(建設業A社長)

先日もニュースで見ていたら、これからの日本の倒産の理由のトップは人材不足になると予測していました。私も今までは退職した社員がいても、採用はそんなに苦労していなかったので、あまり真剣に考えていませんでした。しかし労働力不足になるこれからの時代、退職率の高い会社は、厳しい環境になると肌で感じはじめています。この内容をしっかりと学び、今年の経営施策に盛り込んで、定着率を改善していこうと決意しました。(飲食業I社長)

最近、採用が難しくなってきました。新卒採用も中途採用も同じです。このままでいったら、厳しい状況になることは明らかです。どうやったら社員の退職を食い止めることができるか。まさか賃金を上げるという、簡単にできそうでしかし経営に大きな問題がありそうな方法はとれないと十分わかっていました。この本を読んで、そんな賃金上げなどという表面的な対策ではなく、本質的な対策をとることが大事であることが良く分かりました。そして、難しくないというのが第一印象です。早速取り組みたいと思います。(食品製造業W社長)

著者紹介
松本 順市
著者プロフィール 松本 順市 ダントツ日本一の指導実績を誇る、注目の人事コンサルタント。

松本 順市

大学3年生のとき、当時3店舗しかなかった街の鮮魚店「魚力」に、同社初の大学生アルバイトとして入社、社長の参謀役として社長室に勤務する。3年後に正社員となり、当時、残業が多く社員の定着率が悪かった同社の労働環境改善に取り組む。

いわゆる「5K職場(きつい・危険・汚い・休日が少ない・給料が安い)」といわれる鮮魚小売業界にて、業績を上げながら、業界初のサービス残業ゼロ、完全週休2日制を実現。社長とともに構築した<社員の成長を支援する人事制度>が原動力となって、16年後には年商3億円から175億円へ、労働分配率67%から37%へと成長し、業界一の高収益企業となる。その後、東証二部(現在は東証一部)に上場。
1993年、人事コンサルタントとして独立。株式会社ENTOENTO代表取締役。

現在、中堅・中小企業に正しい人事制度を広めるために全国を飛び回っている。過去15年間の支援実績数1,209社(2019年7月30日現在)、構築成功率99.6%、導入各社の業績向上に貢献している。
1956年福島生まれ。中央大学大学院中退。
主な著書に、『社員が成長し業績が向上する人事制度』『「即戦力」に頼る会社は必ずダメになる』『上司はなぜ部下が辞めるまで気づかないのか?』『経営者が誤解している新15の常識』『新目からウロコの業績向上ノウハウ』『成果主義人事制度をつくる』他。

お申し込みフォーム
誤解して退職している社員を100%食い止める方法

お申込は簡単です。
以下専用お申込みフォームに必要事項をご記入の上、
お申し込みください。

給料や評価の問題で辞める社員をなくしたい方へ
「誤解して退職している社員を100%食い止める方法」

松本順市著 (ポケットブック A5判:71頁)
1,000円(税込)






PAGE TOP




〒196-0003 東京都昭島市松原町1-18-11 ダイヤヒルズ2F TEL:042-542-3631 FAX:042-542-3632

会社概要 プライバシーポリシー




MENU

CONTACT
HOME