ブログ記事一覧

ダントツ日本一の人事制度支援数
過去15年間で支援実績1196
042-542-3631
お問い合わせ 資料請求

エクセル版トータルサポートシステム終了のお知らせ

2019-04-12 [記事URL]

当社は2018年の4月よりトータルサポートシステムをExcel版からクラウド版に変更いたしました。

Excelを活用しているパソコン上のOSによって影響を受けるため、場合によってはOSごとにこのExcel版の変更をし続けてきました。場合によってはExcel版の中に組み込んであるマクロが機能しなかったりと、成長塾ではパニックになったこともしばしばでした。

一番の問題点は、経営者がこのExcel版を使うときに、会社にあるパソコンにデータがあるために会社以外では操作が出来ない、またはそのパソコンが何らかの問題で使えなくなったときに、データがすべて消去されてしまうという大変な問題がありました。

そのためクラウド版の提供をスタートしました。多くの経営者の要望により満を持しての提供となりました。

そのためExcel版の提供を2018年に停止し、現在活用されているExcel版についてもエラーがあった場合の対応は2019年12月25日までとさせていただく予定です。ぜひ、操作性の高い、そしてデータ上安全性の高いクラウド版にこの機会に乗り換えていただくことをおすすめしたいと思います。

なお、2020年1月より、Excel版の操作方法のアドバイスもすべて終了とさせていただきますので、ご高配のほど宜しくお願い申し上げます。


第46話「止めましょう、社員を不幸にする歩合給制度」

2019-07-22 [記事URL]

最新DVD情報
4月から働き方改革関連法が施行されました。この働き方改革の本質をご存知ですか。これを間違えると後悔することになります。正しい働き方改革の考え方、企業での運用方法をこのDVDでご提供します。
働き方改革セミナーDVDセット詳細はここからご覧ください

最新セミナー情報
大好評「継続的な業績向上を実現する 経営者のための人事制度5大戦略セミナー」
2019年8月名古屋会場、9月東京会場受付中。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

書籍のご案内
日本の人事制度のバイブル『社員が成長し業績が向上する人事制度』(現在第12刷)、社員を育て成果を向上させるノウハウをまとめる『成果主義人事制度をつくる』(好評11刷)も発売中。詳しくは、書籍のご案内を参照ください。

かんぽ生命保険の不適切な保険販売が発覚し、改善策を発表したニュースが日本全体を駆け巡りました。元々イメージの良いこの会社で起きた今回の問題は、非常に違和感を持って受け止めた人が多いでしょう。

この問題発生の可能性を成長塾でも説明してきましたが、今回の問題は起こるべくして起きた問題であり、その責任は経営陣が取らざるをえないと言えるでしょう。

かんぽ生命保険では入社3年目から給与が歩合給になると言われています。歩合給は、自分の売上に合わせて収入が増えます。その点では公正・公平であると言えるかもしれません。

しかし、この自分の収入を増やそうと思った社員がどんな行動をとるか想像がつきます。

それは自分の仕事を通じて、お客様や世の中に大きな貢献をするという役割を担っていることを忘れ去り、自分の歩合給を増やすためだけに仕事をするようになります。

そのため、お客様に迷惑をかけるばかりか、社内の雰囲気は悪く、離職率が高くなります。

歩合給制度がとてもいい賃金制度であるとすれば、組織風土は良くなり、定着率も良くなり、社員も元気になります。結果としての会社の業績も良くなり、誰もが困らない制度であるはずです。

ところがそうはならずに歩合給を採用している日本のあらゆる会社で同様の問題が生じてきました。

今回は、この問題を経営トップが謝罪しましたが、大切なことは今すぐ歩合給制度を止めることです。そして歩合給の高い社員のやっていることをすべての社員に成長シートで共有化をすることです。

共有化された社員は成長し、その高い成果を上げるやり方を教えた社員はさらに高い評価になり、いつかその教えた社員は中堅職にステップアップするでしょう。

上司になったその社員は、現場でやっている成果を上げる優れたやり方を部下に教えることによって、部下の成長を促進する素晴らしい上司として活躍することは間違いありません。

社員に成果の高いやり方を教えた社員が上司になることによって、すべての社員はその社員を尊敬し、「いつかは私もそのような上司になりたい」と思うようになるでしょう。

もともとこの歩合給という賃金制度は、日本には合いません。それは日本では優秀な社員は中堅職に卒業方式でステップアップするからです。

そしていつかは優秀な中堅職の社員がステップアップして管理職になるからです。その時にこの社員の賃金は最も高くなります。

その時の収入は不安定な歩合給という賃金ではありません。世の中に最も大きな貢献をする管理職のときに最も高い収入になると説明ができます。そのような会社になればこの問題は全て一気に解消することになります。

長い間、その歩合給に慣れ親しんできたという思いはあるでしょう。しかし、これからの日本では生産性が求められます。休みを削り残業して成果を上げている歩合給の社員から、生産性を上げて成果を上げるやり方に変えることになります。

私たちはこんな大きな問題を確認しながら、時代の流れに対応する経営者の考え方を可視化した人事制度へと大きく舵を切る時が来たといえるでしょう。

多くの経営者がそのことに早く気が付いてもらいたいと思います。


東京でセミナーを開催いたします

2019-07-19 [記事URL]

2019年9月10日(火)にベルサール飯田橋駅前にて
「継続的な業績向上を実現する経営者のための人事制度5大戦略セミナー」
を開催いたします。

現在、募集を開始しております。

9月10日開催要項

セミナーの詳細、お申込みはこちらから


第45話「中小企業固有の役職チャレンジの仕組みをつくる」

2019-07-15 [記事URL]

最新DVD情報
4月から働き方改革関連法が施行されました。この働き方改革の本質をご存知ですか。これを間違えると後悔することになります。正しい働き方改革の考え方、企業での運用方法をこのDVDでご提供します。
働き方改革セミナーDVDセット詳細はここからご覧ください

最新セミナー情報
大好評「継続的な業績向上を実現する 経営者のための人事制度5大戦略セミナー」
2019年8月名古屋会場受付中。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

書籍のご案内
日本の人事制度のバイブル『社員が成長し業績が向上する人事制度』(現在第11刷)、社員を育て成果を向上させるノウハウをまとめる『成果主義人事制度をつくる』(好評11刷)も発売中。詳しくは、書籍のご案内を参照ください。

一般企業には可視化をしているか、していないかを別にして、昇進昇格制度があります。

基本的には一般職層・中堅職層・管理職層の3階層があり、最後の階層まで成長するまでには20年以上かかります。概ね大手企業では、新卒で入社してから20年以上経った人たちが課長や部長という役職で活躍をしています。

ところが中小企業では入社して10年も経たずに、この課長や部長という役職で仕事をしている人がいます。これは中小企業の社員の方が大手企業よりも優秀なため、このステップアップする年数が短かったと考えざるを得ませんが、実際は異なります。

中小企業では、中堅職層でありながら管理職層の役職である課長や部長の役職を拝命し、仕事をしている人がいるのです。これが実態です。

つまりこの場合の課長・部長職は、役職にチャレンジしていることを意味しています。ところが、多くの中小企業ではこの説明ができていません。

そのため部長という役職を任命された社員は、自分はこの組織の中では最も高い評価を受けて部長という役職に就いたと誤解します。よってもう経営者からなんら指導を受ける必要性はないと思い込んでしまいます。

ところが任命した経営者からすれば、まだ中堅職層の段階なので部下指導などの業務は十分できていないが、対外的な理由によって部長という役職を任命したと考えています。この両者のギャップが組織上大きな問題を引き起こすこととなります。

本当は部長の仕事は早いと思いながら部長に任命した経営者と、もう既に私は学ぶことはほとんどない、優秀な社員だったために部長になったと思っている社員のこのギャップ。最悪の場合この部長は経営者の指導を受け入れなくなる可能性があり、組織の中で大きな問題を引き起こすことになります。

この場合、中堅職層まで成長したが、役職は対外的な理由をもって部長職に任命したという説明が必要になります。

これが説明できる会社は、部長に任命されても本人は、部下指導という重要業務は十分にできていないと理解しています。これからもしっかり経営者の指導を受け入れて部下指導ができるようになろうと挑戦し、これからも一歩一歩成長し続けていくでしょう。

逆にこのことを説明できない会社は、最悪の場合この部長は経営者の指導に反発をして会社を辞める恐れもあります。これが中小企業と大手企業の違いです。

中小企業では、役職は対外的な理由で付けることを明確にすることによって、全ての社員を誤解させずに少しずつ成長させることができます。

その役職にチャレンジしている社員がいることを皆さんの会社ではその本人に説明しているでしょうか。


第44話「みなし年齢を活用した中途採用時の賃金の決め方」

2019-07-08 [記事URL]

最新DVD情報
4月から働き方改革関連法が施行されました。この働き方改革の本質をご存知ですか。これを間違えると後悔することになります。正しい働き方改革の考え方、企業での運用方法をこのDVDでご提供します。
働き方改革セミナーDVDセット詳細はここからご覧ください

最新セミナー情報
大好評「継続的な業績向上を実現する 経営者のための人事制度5大戦略セミナー」
2019年8月名古屋会場受付中。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

書籍のご案内
日本の人事制度のバイブル『社員が成長し業績が向上する人事制度』(現在第11刷)、社員を育て成果を向上させるノウハウをまとめる『成果主義人事制度をつくる』(好評11刷)も発売中。詳しくは、書籍のご案内を参照ください。

中小企業で採用する際、「経験の無い」社員の方を中途採用する場合があります。その時の賃金は高額になることはありません。当然、経験が無いからです。理由としては明確ですが、これを上手に説明することは非常に難しいでしょう。

しかし、賃金の決め方に「みなし年齢」という考え方を採用することによって、この賃金額を簡単に説明することができるようになります。

それは、基本給に年齢給と成長給の両方を設定し、年齢給に関しては「みなし年齢」という考え方を持つことです。

たとえば、実年齢が何歳でも中途で採用した方を18歳とみなし、18歳の年齢給と成長給1等級の1号俸の金額を出すことによって16~20万円という賃金額にすることができます。

この金額が、経営者にとって「経験の無い」社員に支給したいと思っている金額です。その金額を支給するためにはこの年齢給が必要です。

このみなし年齢は新卒採用では一般に使われている方法です。これを中途採用でも活用するのです。

みなし年齢で採用した中途社員の昇給はほぼ、年齢給だけの昇給になるでしょう。

たとえば35歳で採用したとすれば、前職では昇給5,000円あった可能性があります。しかし、今回は年齢給だけの昇給になるため、昇給額が年齢給3,000~4,000円の昇給になるでしょう。このとき、

「前勤務先では毎年5,000~6,000円は昇給されていたのに どうしてこの会社では昇給が3,000円しかないのですか?」

という質問に対しても、みなし年齢の仕組みがある会社では簡単に答えることができます。

「あなたがまだこの会社での経験が無いため、ほとんど昇給することはできません。しかしそれを前提に採用していますので、成長給は昇給はほとんどありませんが、年齢給の分だけ昇給をしたのです」

このときにその説明を受けたこの経験のない中途採用の社員は「ありがとうございます」と答えるでしょう。

転職しても毎年同じような昇給ができると思って、勘違いをしている方は多いのです。それでもきちんと仕組みさえあれば、昇給に感謝を持って受け取ることができるようになります。

中途採用時の、このみなし年齢の考え方は今の中小企業の経営者の考え方にぴったり当てはまる決め方と言えるでしょう。

これによって経営者も納得し、中途で採用する経験のない方も納得した形で賃金・昇給を決めることができます。

大事なことは社員本人が納得すること。さらに経営者が納得すること。

この仕組みに納得されない限りは、どんなに仕組みを作っても継続的に運用できることはないとお考えください。


第43話「リスクのない賞与決定の仕方」

2019-07-01 [記事URL]

最新DVD情報
4月から働き方改革関連法が施行されました。この働き方改革の本質をご存知ですか。これを間違えると後悔することになります。正しい働き方改革の考え方、企業での運用方法をこのDVDでご提供します。
働き方改革セミナーDVDセット詳細はここからご覧ください

最新セミナー情報
大好評「継続的な業績向上を実現する 経営者のための人事制度5大戦略セミナー」
2019年8月名古屋会場受付中。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

書籍のご案内
日本の人事制度のバイブル『社員が成長し業績が向上する人事制度』(現在第11刷)、社員を育て成果を向上させるノウハウをまとめる『成果主義人事制度をつくる』(好評11刷)も発売中。詳しくは、書籍のご案内を参照ください。

もうすぐ賞与の時期がやって参ります。経営者にとってとても頭を悩ませるのは、賞与支給合計額(賞与原資)の決定です。

ある経営者は一週間も過去半年間の業績とにらめっこをし、足したり、引いたりを繰り返して賞与原資の計算をしています。

なぜこんなことをするのか。それはこの時期の社員からの質問が心に刺さるからです。

「社長、もうすぐ賞与の時期ですね。楽しみにしています」
「社長、生活がありますので、賞与はたくさん出してください」

このような質問を受けると、経営者は、やはり最低でも昨年と同じ賞与の支給金額にすべきか、と迷いが出てきます。

しかし、業績と関係なしに経営者が賞与を維持したり、増やしてしまったりすれば、社員は業績に全く関心を持たなくなってしまいます。そのような事例を何百社も見てきました。

最もリスクのない賞与の支給の仕方は、あらかじめ賞与原資の計算式を社員に示すことです。

多くの経営者は社員にこうお話しているでしょう。

「業績が良かったら、賞与をたくさん出します!」

残念ながら、この発言を信じている社員は誰もいません。特に優秀な社員は信じていないでしょう。なぜなら損益計算書を見れば、社長の言っていることがあり得ないと分かるからです。

損益計算書では営業利益の上に賞与があります。つまり、賞与を500万円支給すると、営業利益が500万円減ることになります。

仮に、このときの賞与を0円にしたら、500万円が営業利益に加算されることになります。

業績が良いということは、営業利益が良いことです。この考え方から推察すれば、賞与は少ない方がいいことになります。

このとき、営業利益の○%を賞与原資とする、と説明していたらどうでしょうか。社員にとってみれば、先ほどの疑問が解消されることになります。

営業利益が多ければ多いほど、賞与が増える。そして、賞与の原資が増えるので、全ての社員が一緒に喜ぶことができます。

この支給の金額は、過去の賞与原資の分析をすると、間違いなくその割合が導き出されます。そして、その賞与支給のリスクは全くないと言って良いでしょう。同時に経営者のストレスもありません。

この賞与原資の計算式を何百社と作成してきました。

「今まで賞与の金額は勘で決めてきました!」

と豪語していた経営者の分析をしたところ、やはり賞与原資をある一定の割合で支給していました。このことに経営者自身が驚かれます。

このリスクのない賞与の支給の仕方を確立し、事業年度の最初に社員に説明してください。

社員は全員、たくさんの賞与が欲しいと思っています。

経営者も、社員にたくさんの賞与を支給したいと思っています。

そのためには、どうしてもこの賞与原資の計算式を前もって発表することが大事です。

経営は大きなリスクを抱えることはできません。この計算式を示すことはリスクヘッジになるばかりか、社員が業績を高めることにとても関心を持つようになります。さらに、業績によって賞与原資が増えても減っても社員が経営者に質問することはありません。強い社員にすることができます。


臨時休業のお知らせ

2019-06-27 [記事URL]

平素より大変お世話になっております。ENTOENTOです。
成長塾全国大会開催に伴い、次の通り臨時休業をいたします。

◆ 休業期間 2019年7月4日(木)~2019年7月5日(金)

【セミナー・研修へお申込みいただいた際】のご請求書の郵送につきましては、以下の通りとなります。

7月2日8時までにいただいたお申込みにつきましては、3日(水)までにご請求書を発送いたします。

7月2日8時以降のお申込みにつきましては、8日(月)以降に順次請求書を発送させていただきます。

【ご注文いただいた商品の発送】につきましては、以下の通りとなります。

●お支払方法

①【代金引換便】でのお申込の場合
7月2日8時までにいただいたご注文につきましては、3日(水)までに発送いたします。

②【銀行振込】でのお申込の場合
7月2日8時までにいただいたご注文につきましては、3日(水)までにご請求書を発送いたします。7月2日8時までにご入金が確認できたご注文につきましては、3日(水)までに商品を発送いたします。

③【払込書】でのお申込(小冊子)の場合
7月2日8時までにいただいたご注文につきましては、3日(水)までに発送いたします。

2日8時以降のお申込み・ご入金につきましては、8日(月)以降に順次発送させていただきます。

ご不明な点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


第42話「女子社員が会社に戻れるための環境整備」

2019-06-24 [記事URL]

最新DVD情報
4月から働き方改革関連法が施行されました。この働き方改革の本質をご存知ですか。これを間違えると後悔することになります。正しい働き方改革の考え方、企業での運用方法をこのDVDでご提供します。
働き方改革セミナーDVDセット詳細はここからご覧ください

最新セミナー情報
大好評「継続的な業績向上を実現する 経営者のための人事制度5大戦略セミナー」
2019年8月名古屋会場受付中。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

書籍のご案内
日本の人事制度のバイブル『社員が成長し業績が向上する人事制度』(現在第11刷)、社員を育て成果を向上させるノウハウをまとめる『成果主義人事制度をつくる』(好評11刷)も発売中。詳しくは、書籍のご案内を参照ください。

日本のすべての企業はこれから、女子社員が大いに活躍する場所を提供することが必要になってきます。

これから日本は、慢性的な労働力不足の状態が続きます。先進国で日本だけがこの女性の活躍が格段に遅れています。そのため、女性の活躍を支援する人事制度が必要になりました。

優秀な女子社員が結婚し出産し、一時期職場を離れることになります。やがて、子育てに多くの時間を要さないという段階で、社会に復帰をすることになるでしょう。その段階でもし、以前勤めていた会社に戻れるのであれば、それは一番良いことだと考えます。

ただし、以前と同じように仕事をすることはできません。例えば、フルタイムでの勤務や勤務地の異動もできないでしょう。残業ができなかったり、家庭の事情で休まざるを得ないことも、しばしば起きます。

復職直後はこのような雇用条件で仕事をし、徐々に働く条件が職場を離れる前の状態に戻っていくことになるでしょう。

ここで一番問題になるのは2つです。

一番重要なポイントは、その戻ってきた社員の成長を成長シートで確認することができるかどうかです。それによって処遇が決まります。

もう1つは、その女子社員の雇用条件に合わせて賃金を変更することです。戻ってくる女子社員の雇用条件に合わせて、次のような賃金表を何種類も用意する必要があるでしょう。

○転勤できない場合
○残業ができない場合
○職種が限定になる場合
○労働時間が短くなる場合
○休みの希望・曜日が変わる場合

様々なこの要望に応えてその要望にあった賃金表(限定職社員用成長給表)を作成しておく必要性があります。

これがあれば、自分の雇用条件を選んで会社に戻ることができます。そして、それにあった賃金を個別交渉せずに受け取ることができます。

この分かりやすさが重要です。

賃金を個別交渉にすると、人によって違った賃金の額になり、そのこと事態が不平不満の温床となります。

これからの日本では、女子社員の復職の際の賃金表の種類を、2種類・3種類・4種類と増やせるように、設計しておくことが必要です。

女性の雇用の際に必要なこの最低の条件を満たさない限り、不安があり、なかなか女性は復帰できません。そして、残念なことに、過去のその能力を活かせずに、まったく違った会社で働かざるを得なくなります。

今すぐ女子社員の復帰したときの雇用条件に合わせた賃金表を必要な分だけ作成してください。ほとんどの女子社員が戻ってくることでしょう。


【6月19日仙台】継続的な業績向上を実現する経営者のための人事制度5大戦略セミナー

2019-06-20 [記事URL]

2019/6/19(水)仙台 ホテルJALシティ仙台(JR仙台駅西口から徒歩3分)
6月19日開催要項

講師

株式会社ENTOENTO 代表取締役 松本順市

 時間:13:00 ~ 17:00(受付開始時間:12:30)
(休憩:15:00 ~ 15:10)

参加者の声

■賃金でモチベーションを上げてはいけいない!目からウロコでした(K社長)

■どうして社員は社長を信じていないか、やっと分かりました(T社長)

■社長でないと評価や賃金の決め方が可視化できません(S社長)

■15社目でやっと本物の人事制度にめぐり合えた。最高です(I社長)


第41話「最大のポイントはマネジメントの生産性向上」

2019-06-17 [記事URL]

最新DVD情報
4月から働き方改革関連法が施行されました。この働き方改革の本質をご存知ですか。これを間違えると後悔することになります。正しい働き方改革の考え方、企業での運用方法をこのDVDでご提供します。
働き方改革セミナーDVDセット詳細はここからご覧ください

最新セミナー情報
大好評「継続的な業績向上を実現する 経営者のための人事制度5大戦略セミナー」
2019年8月名古屋会場受付中。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

書籍のご案内
日本の人事制度のバイブル『社員が成長し業績が向上する人事制度』(現在第11刷)、社員を育て成果を向上させるノウハウをまとめる『成果主義人事制度をつくる』(好評11刷)も発売中。詳しくは、書籍のご案内を参照ください。

日本全体で働き方改革がスタートしました。日本は何度も生産性の低さを取り上げられていますので、この働き方改革によって今度こそ生産性を向上させよう、という意識をすべての経営者が持っています。

ただ、生産性を高めるためにどうしても着手しなければならないことがあります。

それはすべての企業において共通の問題点、マネジメントの生産性が低いことを解決しなければならないことです。

もっともマネジメントを行っている時間を計測している会社はほとんどないでしょう。それゆえに、生産性を計測できないことが最初の問題と言えます。

成長塾では、しばしばマネジメントの生産性を問題として取り上げます。例えば、次のA・B・C上司がいたとします。

A.上司は40時間のマネジメントの時間で、部下を平均2点以上伸ばした。
B.上司は30時間のマネジメントの時間で、部下を平均2点以上伸ばした。
C.上司は20時間のマネジメントの時間で、部下を平均2点以上伸ばした。

この場合、どの上司が優秀でしょうか。今までの評価であれば、部下の成果を高く上げた上司が評価されたことでしょう。

しかし今は生産性向上が必要です。そのため、「少ないマネジメントの時間で部下を伸ばした上司が優秀だ!」このことを明確にする時が来たと言えます。

生産性を向上させる方法は決して難しくありません。マネジメントの生産性も同じです。

すべての会社には、生産性の高いマネジメントをしている上司とそうでない上司がいます。その違いを可視化するだけです。

つまり成長シートで生産性の高い上司をモデルに成長シートを作成すれば、この問題は完全に解決できます。

「マネジメントの生産性の高い上司を評価します」そのように宣言されたらすべての上司が生産性を上げようと考えます。

そのために一般的には書籍を読むでしょう。セミナーに参加する上司もいるかもしれません。しかし残念なことに、そこにはマネジメントの生産性をすぐに高められる答えはありません。

大事なことを知ってください。我が社の中に生産性の高い上司がいます。ですから生産性の高い上司のマネジメントの仕方を可視化することが生産性向上への最も早い道なのです。

生産性の高い上司の取り組みが可視化された成長シートの活用によって、すべての上司が簡単に生産性の高いマネジメントをできるようになります。

マネジメントの生産性が低い上司が、現場の社員の生産性を向上させることはできません。

生産性を向上させるために外部から新しいことを学ぶ必要はないのです。1日も早く我が社の中にいる生産性の高い上司を成長シートに可視化し、すべての上司を生産性の高い上司にしてください。

これを実現すれば、上司が自らの生産性を向上させたことを確認しながら、部下を生産性の高い社員へと成長させることが可能です。

すべての会社には優秀な社員がいます。生産性の高い社員がいます。

であれば、現場で生産性の高い社員を可視化することだけで、現場の生産性を高めることができます。現在いる生産性の高い社員を可視化する。これが最大のコツです。

働き方改革で生産性向上をする。

まず第1段階は、生産性の高い上司を可視化してすべての上司の生産性を高くすることです。

そしてそれを実現する最も簡単な方法が、成長シートをつくることです。

御社は、優秀な社員を可視化して成長シートをつくることができますか?


名古屋でセミナーを開催いたします

2019-06-10 [記事URL]

2019年8月28日(水)にウインクあいちにて
「継続的な業績向上を実現する経営者のための人事制度5大戦略セミナー」
を開催いたします。

現在、募集を開始しております。

8月28日開催要項

セミナーの詳細、お申込みはこちらから


PAGE TOP





MENU

CONTACT
HOME