今週の提言

ダントツ日本一の人事制度支援数
過去19年間で支援実績1,331
042-542-3631
お問い合わせ 資料請求
2022-01-18

大手企業が続々とジョブ型雇用を導入し、ジョブディスクリプション(職務記述書)を作成しているニュースが続いています。 「これからはメンバーシップ型雇用からジョブ型雇用に切り替えなければならない」と誤解している中小企業の経...

今週の提言

2022-01-11

新型コロナの影響は2022年も継続的に続くと思われます。そんな中、この新型コロナに適応して業態を変える会社が増えてきました。業態の変化を支えているのは当然ながら社員です。その全ての社員の行動を変えることができれば、会社全...

今週の提言

2021-12-21

もう賞与の支給は終わったでしょうか。新型コロナの影響で、会社ごとに支給の状況は様々でした。昨年よりも賞与が増えた会社もあれば、昨年と同程度の会社、昨年より減った会社もあり、受け取る社員の気持ちも様々でしょう...

今週の提言

2021-12-14

賞与を決める仕組みがない企業では、経営者は毎年のように悩みながら賞与を決めています。経営者が悩みながら賞与を決めている会社では、同時に社員も、どうしてその金額に決まったのか分からないまま受け取っています。それはつまり、社...

今週の提言

2021-11-30

賞与を決める仕組みを発表していない会社の社員は、”ある”ことで悩んでいます。それは社員の毎年の賞与額が上下に変動することです。あらゆる会社で、基本的に毎年の賞与額は変動します。社員自身は「自分は成長している」と思っていま...

今週の提言

2021-11-16

今まで、1,319社の賞与の決定方法を可視化してきました。1,319社、1,319通りの決め方があり、1社として同じ決め方にはなりません。賞与の決め方は、今までの決め方を可視化して仕組みにすることがとても大事です。それを...

今週の提言

2021-11-09

日本のあらゆる産業で生産性向上に取り組むことが必要になりました。その中で、間違った取り組みをし始めてしまった会社が増えています。 日本の労働生産性はOECD加盟国37か国中21位です。この状況を打開するための生産性向上...

今週の提言

2021-11-02

いよいよ新型コロナ第5波も収束と言えるような状況になってきました。今までこの新型コロナで影響を受けてきた業界は、業務の平常化に向けて着実に準備をしていることでしょう。昨年から今日まで経営環境は大きく変わり、私たちの生活環...

今週の提言

2021-10-26

もともと賃金制度を持っていない会社であれば、「働かないオジサン」が生まれる可能性はないでしょう。「働かないオジサン」がいる会社には、必ず賃金制度があります。とても不思議です。 昇給するときは、昇給する理由が必要です...

今週の提言

2021-10-19

今後日本では最低賃金の全国加重平均を1,000円にすることを政府は前々から宣言しています。つまり、今は全国加重平均が930円ですので、平均して70円賃金が上がることを経営者は覚悟しなければなりません。例えば、今後採用する...

今週の提言

2021-10-12

日本では、中堅職層にステップアップして部下が配属されてからマネジメントの教育を始めます。ところが、なかなか思うように上司が部下を成長させることができずに困っている経営者は多いでしょう。まず知らなければならないことは、中堅...

今週の提言

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME