第40話「スタッフ職の成長シートの作り方」

ダントツ日本一の人事制度支援数
過去15年間で支援実績1209
042-542-3631
お問い合わせ 資料請求

第40話「スタッフ職の成長シートの作り方」

最新DVD情報
4月から働き方改革関連法が施行されました。この働き方改革の本質をご存知ですか。これを間違えると後悔することになります。正しい働き方改革の考え方、企業での運用方法をこのDVDでご提供します。
働き方改革セミナーDVDセット詳細はここからご覧ください

最新セミナー情報
大好評「継続的な業績向上を実現する 経営者のための人事制度5大戦略セミナー」
2019年6月仙台、8月名古屋会場受付中。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

書籍のご案内
日本の人事制度のバイブル『社員が成長し業績が向上する人事制度』(現在第11刷)、社員を育て成果を向上させるノウハウをまとめる『成果主義人事制度をつくる』(好評11刷)も発売中。詳しくは、書籍のご案内を参照ください。

成長シートを作る目的は、社員の成長を支援するためです。社員が成長したかどうかを確認するものが、その職種に求められている数字、期待成果です。

一般的に営業職であれば、売上高や粗利益率や、新規開拓件数や回収率などがあります。これらの期待成果の数字が高い社員を優秀な社員、と私たちは褒めています。

ここで問題なのは、その高い成果を上げている社員が何をしているかが明確になっていないことです。これが、会社全体の業績が飛躍的に伸びない理由です。これさえ分かれば、組織原則2・6・2の全ての社員が優秀になります。

この営業職のように社外にお客様のいるライン職と違い、スタッフ職、たとえば総務職、人事職、経理職、財務職といった職種の社員には期待成果がないと言われています。専門家の中でも、そうお話しをする方々が多いようです。

ところが、どんな職種にも組織上役割分担をしているため、あげてもらいたい成果があります。たとえば人に関するスタッフ職であれば労働分配率は大事な期待成果の一つでしょう。

労働分配率は様々な理由により、従業員数が増えていくと悪化する傾向になります。労働分配率が悪化すればストレートに経常利益率が下がることになります。そのため、人事職の人たちにはこの労働分配率を改善するための業務をして頂く必要性があります。

何かを取り組んで労働分配率を改善する。私は前勤務先で労働分配率を改善するために人事制度の構築と運用を行いました。それによって労働分配率を飛躍的に改善することができました。

この、職種ごとに期待されているものがあることを確認することがとても大事であり、スタッフ職の社員もそれに取り組むことによって目指すべき期待成果の数字が改善しているかどうか、向上しているかどうかを振り返ることになります。

しかし、おおむね成長塾ではこのスタッフ職の成長シートを作ることに皆様苦労されます。それは「スタッフ職には期待成果がない」という考え方を持っているからです。

では、お尋ねします。「御社では労働分配率はどなたがご覧になっていますか」

このように私がお尋ねすると「社長です」と答えます。つまり、労働分配率を改善する仕事は経営者の仕事、と考えている中小企業の経営者が多いのです。

今は確かに経営者でしょう。なぜなら、経営者が人事職に関する職種の管理職層の仕事を兼務しているからです。やがて組織分化の法則に従い、人事部が組織分化し、人事部長が任命されるとこの管理職の期待成果として労働分配率を改善する仕事に取り組むようになります。

スタッフ職の管理職層は、経営者が兼務しているため概ね期待成果がないといわれています。

そのため、まずは経営者が人に関する職種、お金に関する職種の管理職層の人たちが通常何を改善しているのかを自分の中で整理し、そしてそのスタッフ職の成長シートをつくります。

これによって、スタッフ職の一般職層で仕事をしている社員は10年、20年後にそのような期待成果を向上させるために、現在経営者がやっている重要業務に取り組むことを今から学ぶことになります。

スタッフ職でも期待成果がなければ、社員の成長を確認することは無理です。

必ずスタッフ職の成長シートには期待成果を入れてください。

●今週の提言を毎週お知らせします! 「今週の提言」はいかがでしたか? 下記よりメールアドレスとお名前をご登録いただくと、今週の提言や最新の情報を掲載しているメールマガジンをお届けします。ぜひ、ご登録ください。
好評セミナー開催中 社員が成長し業績が向上する人事制度とはどのような制度なのか。「まさに、目からウロコ!」と絶賛。 詳しくは⇒こちらを参照

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME