第0話「人事制度は経営者の想いを可視化、見える化したもの」

ダントツ日本一の人事制度支援数
過去16年間で支援実績1272
042-542-3631
お問い合わせ 資料請求

第0話「人事制度は経営者の想いを可視化、見える化したもの」

2018-08-03

経営者は入社した社員を「育てよう」「物心両面豊かにしよう」と考えます。
そのために評価をします。
評価とは、褒めること、叱ること。
褒めることが徐々に増えて、昇給・賞与が増えていきます。

社員を大切にする経営者は、社員の昇給・賞与を増やしてあげたいと考えています。
そのように経営をしてきた、そのこと自体を人事制度にまとめないといけません。

決して、評価は第三者に教えられてはいけません。

また、昇給・賞与の決め方を教えられてはいけないのです。
なぜなら、経営者本人に評価も賃金の決め方もあるからです。

誰かのマネをしたものは、100%失敗します。

成功するためには、自分が何を評価し、どのように昇給・賞与を決めてきたか、
それを可視化する以外に成功の道はありません。

●コラムの更新をお知らせします!
コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

好評セミナー開催中!

社員が成長し業績が向上する人事制度とはどのような制度なのか。その要点を実際に演習を行いながら、分かりやすく解説するオンラインセミナー。
受講された方が「まさに、目からウロコ!」「人事の悩みを解決する道筋が見えた」と絶賛。
オンラインセミナーの今後の日程や申込方法などは⇒こちらを参照
 


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME