第67話「納得できるパートさんの賞与の支給方法」

ダントツ日本一の人事制度支援数
過去16年間で支援実績1243
042-542-3631
お問い合わせ 資料請求

第67話「納得できるパートさんの賞与の支給方法」

2019-12-23

最新セミナー情報
2020年度セミナー申込開始!
「社員が成長し業績が向上する経営者のための人事・成長制度構築セミナー」
2020年2月東京・名古屋会場、3月仙台会場受付中。詳しくは「セミナー情報」を参照ください。

書籍のご案内
忙しい社長に大好評!【60分社長シリーズ】最新刊『中小企業が65歳以降の社員に2000万円支払う方法』が発売中です。
その他の著書に関しては、書籍のご案内を参照ください。

今年4月にスタートした働き方改革によって、雇用形態が違っても、同一労働同一賃金が必要になりました。

たとえば、今まであればパートさんには賞与を支給していない会社は多かったでしょう。ところが2020年からは、パートさんに賞与を支給しないことは問題になります。

今までであれば、パートさんに賞与を支給しないことは、別に大きな問題になることはありませんでした。

しかしパートさんに対しても賞与を支給することが必要になった以上、パートさんにも納得する形で賞与を支給する必要があります。

多くの経営者は勘違いをしていることがあります。それは賞与を支給するのであれば、どのような場合も納得するだろうということです。

1つの賞与支給の例として、すべてのパートさんに一律で支給する方法があるでしょう。

しかしパートさんの成長度合いの違いや雇用条件の違いを考えると、一律支給は納得できる支給の仕方ではないでしょう。

そこでパートさんもどの成長階層(一般・中堅・管理職層)で成長しているのか。そして現在の評価はどうなのかを検討した上で、賞与を支給することが必要になります。

つまりパートさんも正社員と同じように賞与を決める方法を可視化し、パートさんに説明するときがきたのです。

中小企業も2021年から対象となります。

正社員は会社の業績、社員の成長階層、成長等級、総合評価によって成長賞与ポイント表を作成し、今までの経営者の考え方を反映させて賞与を決定します。

同じようにパートさんにもその成長によって、賞与が増えていくことの説明が必要になりました。

ただ、1点違うのはパートさんは、それぞれ雇用条件が異なるということです。それを盛り込んだ形で賞与を決めることができなければなりません。

賞与を支給する際に重要なことは、金額の大きさではありません。

分かりやすく納得できる支給の仕方にすることが、最も重要だと考えてください。

このことを肝に銘じて賞与決定の仕組みを作ってください。

●コラムの更新をお知らせします!
コラムはいかがでしたか? 下記よりメールアドレスをご登録いただくと、更新時にご案内をお届けします(解除は随時可能です)。ぜひ、ご登録ください。

好評セミナー開催中!

社員が成長し業績が向上する人事制度とはどのような制度なのか。その要点を実際に演習を行いながら、分かりやすく解説するセミナー。
受講された方が「まさに、目からウロコ!」「人事の悩みを解決する道筋が見えた」と絶賛。
セミナーの今後の日程や申込方法などは⇒こちらを参照
 


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME